--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




新築住宅を探している皆さん、85万500円安く買う方法知ってますか?
詳しくは「仲介無料ドットコム」をクリック

不動産の売却を考えている皆さん、ちょっとでも高く売るテクニック知ってますか?
詳しくは「不動産売却ドットコム」をクリック

ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。
ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

購入申込書の役割をもう一度理解したい⑥お客様からの感動メール

2010年05月17日 18:39

お客さまから、メールが届きました。




(株)イースタイル
咲本様

ご連絡いただき有難うございます。
転送していただいたメール、全て拝見させていただきました。

咲本さんの、イースタイルさんの対応に、心から感激し、
繰り返し何度も何度も読み返しております。

○○○○○○ ○○さんの返答を詠み返しているうちに、
ふと疑問が湧いてきました。

4/25、こちらの申込時点で、○○○○○○に購入されることとなった
方(もしくはそのご家族)から、内見予約が入っていたのではないか。
あるいは、主権者以外の家族が一度内覧すみで、GW(前後)に
主権者を含めて再度内見の予定だったのではないか、と。

買付申込から、実際の売主への価格打診まで4日もかかったのは、
そのお客様が購入可能な状態を維持するための延伸工作だったのではないか、
と勘ぐってしまいます。
(担当○○さんの「価格は大事なことなので、売主に直接会って説明します」と
いう発言も、「大事な事だからこそ、すぐに連絡を取り合い、すぐに売主の
意思を確認する」姿勢が売主様に対する○○○○の、あるべき姿勢では
ないのだろうか、と疑問に感じてしまいます)
購入することになったお客様は、「他から申込が入っています」と
購入を煽られ、結果主権者ではない方からのフライング状態の申込が
入ったのではないだろうか。

また、「他から~」という状況だったために、購入者は差値なし満額で
申込を入れたのではないだろうか。
さらに、もし購入者が購入の意思を固めなかった場合、次にいつ
購入希望者が現れるかわからないため、こちらには明確にオープンを
伝えず、のらりくらり時間を稼いでいたのではないか。
自社の客にはGW中に内見対応したのではないか、

など、きりが無いほど色々と考えてしまいました。

咲本さんの今回の対応で信頼してお願いできる
不動産業者さんに巡り会えたと心から思っています。

この物件は信頼関係を深める為に
売り出されていた物件のような気がしています。

締めくくりの文章がまとまらず、返信に時間がかかってしまいました。
今後ともよろしくお願い致します。




このメールは本当に嬉しかったです・・・。
お客さまと同じ視線で精一杯いっしょに考え、精一杯ノウハウを提供し、
ベストだと思って提案すれば、仮に今回のような結果になったとしても、
そこには、「共感」がうまれます。
気持ちを共有できたことが、嬉しかったですね・・・。

つづく、

次回は、「大手企業からのメール~最後の返信~」




新築住宅を探している皆さん、85万500円安く買う方法知ってますか?
詳しくは「仲介無料ドットコム」をクリック

不動産の売却を考えている皆さん、ちょっとでも高く売るテクニック知ってますか?
詳しくは「不動産売却ドットコム」をクリック

ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。
ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stylep.blog109.fc2.com/tb.php/140-702f2dd1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。