--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




新築住宅を探している皆さん、85万500円安く買う方法知ってますか?
詳しくは「仲介無料ドットコム」をクリック

不動産の売却を考えている皆さん、ちょっとでも高く売るテクニック知ってますか?
詳しくは「不動産売却ドットコム」をクリック

ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。
ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

スティーブ・ジョブズの流儀(考えぬかれたシンプルさ)

2010年07月02日 22:26

日本で開発された製品って、どんどん複雑になっていますよね。
分厚い説明書がついていて・・・。携帯電話など、機能が多くて、使わないものばかり・・・。

その点、ジョブズのやり方は、違います。
彼は、製品ができるだけシンプルで使いやすくなるまで複雑さを切り詰める。

これは、かなり度胸のいる方法だと思います。

例えば、iPadにも、iPhoneにも説明書はついていません。iPodも、昔購入しましたが、説明書はなかったような。

iPadやiPhoneに、フラッシュを対応しない決定をしたことも、かなりの度胸ですよね。普通、ビビってしまって入れちゃいますよ、これだけ普及しているアドビのフラッシュですから。
ちなみにフラッシュに対応しなかった理由はいくつかありますが、バッテリーの激しい消耗も理由の1つです。「フラッシュのサイトを普通に見ていて、すぐにバッテリーがなくなってしまう」というのでは、本来のiPhone・iPadの魅力「携帯性」が意味のないものになってしまいます。そして、ばっさり削ったのでしょう。

でも、デザインを究極的に学ぶと、太い1本の木から、無駄な部分を削り出し、1つの彫刻をつくるようなイメージなんでしょうね。

1983~1993年までアップルのCEOだったジョン・スカリーは「スティーブのやり方がほかのみんなと違うのは、最も重要な決定は何をするかではなく何をしないかを決めることだ、と信じていた点だ」と言っています。

この発想があるから、iPhoneやiPadという使いやすい製品をデザインできたのでしょうね。


孫社長が言うには、「数百年後、本当にスティーブは、ダビンチと並び称される事になるだろう。」とツイッターでつぶやかれていましたが、本当にそうかもしれない。







新築住宅を探している皆さん、85万500円安く買う方法知ってますか?
詳しくは「仲介無料ドットコム」をクリック

不動産の売却を考えている皆さん、ちょっとでも高く売るテクニック知ってますか?
詳しくは「不動産売却ドットコム」をクリック

ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。
ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stylep.blog109.fc2.com/tb.php/206-62fb90e1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。