--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




新築住宅を探している皆さん、85万500円安く買う方法知ってますか?
詳しくは「仲介無料ドットコム」をクリック

不動産の売却を考えている皆さん、ちょっとでも高く売るテクニック知ってますか?
詳しくは「不動産売却ドットコム」をクリック

ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。
ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム

「クラウド」という本を読みました。

2010年04月05日 17:23

クラウド~グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図
という本を以前読みましたが、将来ネットがどの方向へいくのかということが、書かれていました。

クラウドとは、「雲」という意味で、インターネットをイメージした総称です。グーグルは、すべてのアプリをブラウザを使い、ネット上(クラウド)へ接続して、サービスを利用する形をイメージしています。

例えば、メールソフトは、いままでアウトルックなど主流でしたが、自分もgmailというウェブメールをメインに使っています。これもクラウドコンピューティングの一種です。

クラウド化されると、ソフトは自分のパソコン内には必要ありません。インターネットにつながる環境さえあれば、場所に関係なく仕事ができるようになります。

ウェブ上にソフトがあるのと、自分のパソコン内にソフトがあるのとどちらが良いかといえば、便利さでいったら確実にウェブ上です。
バックアップを自分でする手間、外出したときに、急に「あのファイルが必要だ」となった場合にどちらが入手簡単か・・・など、考えると確実にウェブ上です。

しかし、ウェブ上の欠点が現時点では、解決できてないから、完全にウェブ上に切り替わってないのだと思います。

ウェブ上の欠点の1番目は「セキュリティー」です。ネット上で簡単に見れるようになる分、簡単に情報漏えいしてしまう可能性もでてきます。

欠点の2番目は、「スピード」です。
重いアプリだと、スピードにストレスを感じて、なかなか普及しないかもしれません。

ただ、グーグルは、海底ケーブルを購入したり、巨大サーバーを構築したり、「スピード」のために、インフラ全体を向上させる設備投資を行っています。いつからは、スピードの問題はクリアされるのかもしれません。

当社では、グーグルappsというツールを使っています。このクラウドサービスは、大変便利で、このようなツールを体験すると、近い将来、すべてのアプリが、ネット上に移行するような気がしてなりません。






新築住宅を探している皆さん、85万500円安く買う方法知ってますか?
詳しくは「仲介無料ドットコム」をクリック

不動産の売却を考えている皆さん、ちょっとでも高く売るテクニック知ってますか?
詳しくは「不動産売却ドットコム」をクリック

ピアノ教室のホームページ制作はもちろん、生徒が集まる募集方法を教えています。
ピアノ教室専門ホームページ制作ドットコム


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stylep.blog109.fc2.com/tb.php/58-688331c6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。